写経・写仏

写経
静寂の中、御仏の心と向き合う。写経・写仏を通じて無心になり、心と身体をリフレッシュされてはいかがでしょうか。

写経とは?

写経とは、お釈迦様がお説きになったみ教えを写生する事です。

写経

  • 紀元前一世紀頃、それまでは口伝によって伝えられていたみ教えですが、インドではじめて貝多羅葉(ばいたらよう)という木の葉に書写されました。
    文字で書かれた経典は、その後各地に伝わります。二世紀頃からは漢訳も始まり、木版印刷が盛んになる十世紀中頃までの間、中国では多くの経典が漢訳され、写経されました。
    あの有名な「西遊記」(さいゆうき)のモデルにもなった玄奘三蔵法師(げんじょうさんぞうほうし)をはじめ、多くの方々の大変な苦労によって、現在私達が目にする経典が成立したのです。
    日本での写経の歴史は古く、印度・中国では勿論のこと、日本に於いては天武天皇の白鳳二年(六七四年)に「書生を集めて一切経を川原寺に於いて写さしむ」と日本書紀に出ているのが最古と云われています。

写経の効果

写経

  • 1. 姿勢がよくなり、心と身体が落ち着いてくる。振る舞いが凛としてくる。
  • 2. 心が清浄になる
  • 3. 顔が清々してくる。
  • 4. 集中力がついてくる。
  • 5. 忍耐力がついてくる。
  • 6. 字が上手になる。
  • 7. ストレスが軽減する。
  • 8. 自然の治癒力が向上する。

心の安らぎと共により良き人生を求めるからこそ行われるものであります。
多忙な現代社会を生きる私たちだからこそ、写経を通じて無心になり、心と身体をリフレッシュされてはいかがでしょうか。

内容について

当寺では写経をするにあたっての心構えなどの説明を致します。
写経終了後は、お抹茶・お菓子をお出し致します。

ご志納料 お一人様 1500円
所要時間 約60分~
写経の流れ 1. 写経の心構えなどの説明
2. 般若心経を心で読みます
3. お香で心身清めます
4. 写経
5. お抹茶・お菓子

※所要時間はあくまでも目安でございますので、諸事情により変更する場合がございます。

■お申し込みは、写経体験予定日の日時で御願い致します。

写経体験の日程表
ご予約はこちら

ご予約について

ご参加希望の方は、お電話又はインターネットからのご予約のみ承ります。

お電話 075-561-4311
電話受付時間 8:00~17:00迄

インターネットからのご予約はこちら

※写経道具は当寺でご用意致しておりますので、ご持参いただくものはございません。
※写経体験をキャンセルの場合はご予約の前日迄にお電話にてお申しつけ下さい。
※タクシーでご来寺の方は必ず東門で乗降してください。正門(南門)は進入禁止となっております。

写仏

写仏

写仏

 本来、本格的な仏画を描くための白描図(彩色をともなわない墨線だけの下絵)を写していくことをいいます。大陸から伝来してきた仏教ですが、仏さまの図像を墨一色だけで写す写仏を行や、美にまで高めた歴史は、日本だけが持つ独特のものです。日本人の精神性や美意識の高さから生まれたのがこの伝統的な白描写仏だといえるかもしれません。白描図の上に薄い和紙をのせ、仏さまのお姿を写しとって行く。黒の線を夢中で継いでいく作業はやさしく、何ともいえない清浄な空間のなかで心のやすらぎを感じる一時です。

 また、写仏を行うことにより仏様のお姿を身近に感じることができます。
写仏用紙に下絵像が印刷されていますので、絵の苦手な方でも十分に写仏を楽しめます。
お忙しい毎日をお過ごしの方も、京都の禅寺で、しばし安らぎの時間を「写仏」によって持たれてはいかがでしょうか?

 内容について

ご志納料  お一人様 1500円(初心者向け写仏)又は2500円(中級者向け写仏)
所要時間  30分~2時間
※体験後にお抹茶とお菓子が付きます。

 写仏の仏様

■初心者向けの仏様
大日如来・阿弥陀如来・千手観音・勢至菩薩・虚空蔵菩薩・文殊菩薩・普賢菩薩・不動明王
ご志納料 1500円(お抹茶とお菓子)

■中級者向けの仏様(十二天)
帝釈天・毘沙門天・火天・閻魔天・羅刹天・水天・風天・伊舎那天・梵天・地天・日天・月天
ご志納料 2500円(お抹茶とお菓子)

※写仏される仏様によりお時間が変わってきます。
※写仏されました用紙はお寺に奉納していただくか
 お守り袋に入れてお持ち帰り頂けます。(そのままでも可能です)
※タクシーでご来寺の方は必ず東門で乗降してください。正門(南門)は進入禁止となっております。

■お申し込みは、写仏体験予定日の日時で御願い致します。

写仏体験の日程表
ご予約はこちら

催事のご案内
勝林寺オンライン
和尚のブログ
facebook
インスタグラム勝林寺